ほくろ除去@悩み相談室

ほくろ除去に関するサイトです。


ほくろ除去を考えている方は意外と多いと思います。

ほくろ除去をする際に、保険や費用 皮膚科 実施方法などの知識は必要です。

世間の噂などを信じて肌を傷つけてしまわないようにしてください。








ほくろは嫌な面が多いですが、その反面、泣きボクロ、笑いボクロ、それにセクシーほくろなど、ほくろをチャームポイントになる場合もありますよね?

ほくろ自体をマイナスに考えるのではなくてチャームポイントと考えるのはいいことです。


ほくろは小さい黒いあざで、一般的に良性の皮膚病と言われています。

色も肌色に近いごく薄いほくろもあれば、薄茶色、青色、黒褐色など実にいろいろです。

一般的には紫外線を浴びる量が多ければ多いほど、メラニンが生成されていき、ほくろができやすくなると言われています。

しかしほくろができてしまう主な原因は、紫外線だけではないんです。

摩擦や圧迫、化粧品、化学薬品、ストレス、怪我、ホルモンの分泌によるものなど、いろいろな原因があるのです。







ほくろは小さい黒いあざで、一般的に良性の皮膚病と言われています。

また、ほくろは黒褐色で濃い色をしていますが、薄茶色のものもあるんです。

中には肌色をしたものも存在してその大きさは、大抵は1センチ程度です。

ほくろの形は、盛り上がっているものや平らなもの、デコボコとしたものなどがあり、感触も皮膚と変わらないツルツルのものなど様々ですね。







母斑細胞が皮膚のどの深さで増殖するかによって、「浅い」もしくは「深い」といた違いがあり、ほくろ除去を実施するケースでは、そのような判断は重要になってきます。

ほくろ除去にも関わるほくろの深さは次の3つのタイプがあります。

<境界型 >

形成が表皮と真皮の境界の部分で母斑細胞が増殖して起きる。

<複合型 >
形成が境界部分と真皮との両方で、母斑細胞が増殖して起きる。

<真皮内型 >
形成が真皮内で、母斑細胞が増殖して起きる。






実際に皮膚科や医療機関でほくろ除去をされた方は皆さん明るくなります!

見た目的なことではなくて、内面から溢れ出てくるというか、長年のコンプレックスが無くなり、堂々と多くの人と接することが出来るようになるからだと思います。

ほくろ除去でコンプレックスがなくなると外見だけでなく、内面にもプラス効果があるんですね!




 


スポンサードリンク